自分のストレスに気付くことが大切

看護師として働くことを夢見てきた人にとって、現場で働けることはとても嬉しいことに違いありません。高い気概をもって働いていると、多少の苦労をしても難なく仕事が続けられるものです。そして、人一倍頑張る毎日を過ごしていることもよくあります。しかし、看護師の仕事はストレスを感じやすいものです。自分では感じていないくても、身体に不調が生じてしまうことがあるというのは知っておくべきでしょう。
高い気概を持っているからこそ、ストレスをストレスと感じていない場合が多々あります。しかし、それが器質的な変化をもたらして常に緊張状態が続いていてしまったり、生理不順などをもたらしたりしてしまうことがあるのです。少しでも体調に不安が感じられるのであれば、まだ頑張れると思わずにストレスがないかを確認して息抜きをするのも大切となります。
客観的な指標を得るために役立つのが、ストレスチェッカーです。それは、医療現場に置いてある場合もしばしばあります。簡単な検査を行い、どれだけストレスが溜まってしまっているかを示してくれるのがストレスチェッカーの特徴です。もし、その結果があまり良くないようであれば、ストレスが溜め込まれてしまった結果として最終的に爆発してしまう状況を作らないためにも、息抜きの仕方を考えてみましょう。もっと働きたいという気持ちが強いのであれば、スキルアップのために通常と違う技術を学ぶのも気分転換になります。その結果、ストレスを軽減することにつながるはずです。
関連サイト*あなたは大丈夫?ストレスチェックのススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です