ストレスチェッカーで確認

看護師の仕事は、精神的な負担が大きくなります。ストレスに対して、多少は耐えられる精神力が必要です。しかし、あまりに大きな精神的負担は、心身の異常をもたらします。そのため、ストレスが深刻な問題に至る前に対処した方が、問題解決は簡単です。
ストレスチェッカーは、負担の状況を確認するのに役立つツールといえます。そこで、定期的にストレスチェッカーを利用し、過度に精神的負担が溜まる前に、できるだけストレス解消するのが鉄則です。さらに、体に表れる各症状や行動の変化を観察するのも、ストレスの度合いを測るための目安となります。ストレスが溜まった時によくあるのが、イライラした気分がおさまらない症状です。普段は気にもとめないような些細な出来事に対しても、ストレスで強くイライラを感じるケースがあります。そのような精神状態の場合はかなりストレスが溜まっていると予想されるので、すぐにでも負担の解消が求められるでしょう。また、物事を何でもネガティブに考えてしまうようであれば、精神的な負担が大きくなっている証拠です。看護師の仕事は、常に不測の事態を考えて行動しなければなりません。そのため、物事をマイナス面で捉えることはよくあります。しかし、あまりにネガティブな考えが過ぎると、仕事に支障をきたすのです。物事を前向きに考えられるよう、心身の休息が必要となります。
過度なストレスが溜まったまま看護の仕事をしていても、満足のいく働きができません。ストレスを溜めない自己管理も、看護師にとって大切な仕事のうちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です